中学受験への取り組みその流れ

中学受験を目指すお子さんは毎日塾と自学、学校の授業と忙しく過ごされているでしょう。あくまでも中学受験は通過点であり、その先に高校や大学受験を控え、最終的に就職試験があります。お子さんの将来を考えると、中学受験を行いレベルの高い中学で指導を受ける事の意味が非常に大きいと感じます。

通常、中学受験を目指すご家庭では小学校4年生から塾に通い始めます。小学校4年生で入塾し、塾の学習スピードにある程度慣れておく、塾の宿題の多さに慣れておいてから、小学校5年生、つまり中学受験体制に入っていきます。本格的な中学受験準備は生姜国5年生から始まるので、遅くとも入塾は小学校5年と考えておきましょう。

更に小学校6年生になると一段階上の中学レベルの授業が組まれる進学塾も多いです。夏季講習を経て秋には第一志望校を決定し、秋以降は志望校の出題傾向にそった学習をします。過去問題などはこの辺りから解き始め、自学時間も少しずつ多くなっていくでしょう。

受験までの流れとしてはこういうイメージですが、ご家庭によって小学校低学年から中学受験のための学習を始めるという事もあります。いつから中学受験準備を開始するかによって流れも違ってきますが、基本的に小学校4年生くらいから徐々に受験体制に入っていく、というのが一般的流れとなるでしょう。