中学受験は狭き門

中学受験を深く知らない人は、小学生が受ける試験だからそんなに難しいことは出ないと考えている方が多いです。ところがいざ中学受験の入試問題を見ると、びっくりされます。とても小学生が解くような問題ではないと感じるからです。

中学受験を子供が小さい頃から真剣に考えているご家族は、中学受験が狭き門だという事をよく理解されています。中学生が解くような問題、長文、時事などが平気で出題される世界なのです。このことをよく理解していないと、合格はもとより志望校を設定する事すら難しいという状態に陥ります。

学力レベル上位のお子さんは、高校生が解くような問題すら解けることがあります。進学塾での学習スピードはとにかく速く、特に小学校高学年になるとスピードアップするため、ついていくだけでも精一杯というお子さんもいます。そのため、中学受験をお子さんが小さい頃から目指しているご家庭では、学習する癖をつけるための自学の時間をしっかり取り、さらに進学塾の低学年クラスに通うお子さんもいます。

中学受験でも実施校にはレベルがありますが、いずれの学校も公立中学より上のランクの学校と考える方がいいでしょう。どの学校を受験するにしても、それなりの準備が必ず必要となるのが中学受験なのです。