中学受験は子供に負担これは事実です

中学受験は何といっても負担になる、これは間違いありません。子供に大きな負担を与える中学受験という大きな壁に立ち向かうのですから、お子さんも納得して中学受験に向かって頑張っていかなくてはなりません。

中学受験を志す子供たち、中学3年生が一般的な公立の「高校受験」の入試問題を受けさせるとどうなるか、なんと70%の解答率だといいます。わかるでしょうか。これほど、中学受験を目指すお子さんたちは高度な勉強をしているのです。もちろん高校生になるお子さん同様の解き方をしません。方程式その他の公式などを習っていませんし、理科、社会について記憶という部分で小学校の教育では習う事がないのです。

ではどうしてこれほどの解答率が得られるのかとうと、小学校の解き方で高度な技術を使えれば解ける問題だからです。記憶という部分でも、理科、社会など幅広い知識を持ち、しかも技術式で答えることが必要な中学受験ですから、雑学的な意味で高校受験に出てくる科目について理解しているのです。

これほどの知識を得ているのですから、当然のことながらお子さんにストレスがないわけがないと考えられます。お子さんに大きな負担がかかりやすい中学受験だからこそ、ご家族の手厚いサポートが必要といわれているのです。