範囲が広ーい実力テスト

中学受験を目指すお子さんたちが通う進学塾では、週テスト、月のテスト、さらに定期的なテスト、最終的に模試が行われます。週テスト、月のテストは、範囲がしっかり定められているため問題なく解くお子さんが多いのですが、その先、3ヶ月単位のテストなどになると途端に解けなくなる、模試になるとひどい状態というお子さんも少なくありません。

週ごと、月ごとのテストはいい成績なのに、どうして模試となるとできなくなるのか、これはたんに範囲が広いという事もありますが、模試は受験模擬と呼ばれるテストです。内容がもちろん難しくなっていることは承知していますが、思っているよりも難しい問題が出たり、長文だったりすると、全く手を付けられないなどのお子さんが多いのです。

難解な問題や長文問題が不得意というお子さんも多く、定期テストでは範囲がしっかり決まっているので問題なくできる、でも範囲が広くなると苦手な難しい問題にさらに複雑な要素が含まれてくるので、頭の中で整理できないとなってしまうと子さんが多いのです。

模試にしても実力テストにしても、広い範囲で出題されるという点においては、中学受験と同じです。模試を何度も受けて広い範囲のテストに慣れていく事が必要なのです。