カリキュラムテストの結果を活かす

週単位で行う進学塾のテストは、カリキュラムテストと呼ばれます。単元ごとに行うカリキュラムについてしっかり頭の中に入っているかどうかを確認するテストなので、カリキュラムテストという呼び方をするところが多いです。

このテストの学習は家庭の自学時間に行う事になります。週に行った単元についてのテストなので、範囲がわかっているテストです。この単元ごとのカリキュラムをしっかり自分の知識として、最終的に受験で応用問題に活かしていく事が必要です。

ではどういった学習を行えばいいのかというと、まず単元はしっかり講師の話を聞き理解していきます。カリキュラムテストでその週に習ったことについてテストを受け、習熟度を測ります。その後、間違いなどがあればしっかり解答を確認し、どこで間違ったのか確認します。それから次のステップが重要です。

受験では時間内に解くという事が求められます。カリキュラムテストももちろん時間を区切って行われますが、受験という緊張感の中難しい問題を時間内に解くという事は非常に難しい事なのです。そのため、より早く解けるようにしておくことが求められます。早く解く、という事が、カリキュラムテストを活かすための学習となります。