テストは中学受験の模擬となる

通常、進学塾では、毎週若しくは隔週置きに週間テストを行います。その週に行った単元についての復習、という意味で行われるものですが、ほとんどの進学塾で実施されているテストです。

週に習った内容なので、このテストは単元を理解しているかどうかというテストです。学力テストとはまた違うテストなので、この週単位のテストの結果が良くても安心していてはよくありません。お子さんにありがちなのが、週単位のテストの結果はとてもいいのに、学力テスト、模試となると途端に成績を通すというお子さんです。

単元の内容については確かに理解している、けれど範囲が広くなり単元ごとに習ったことを応用して問題を解けないのです。つまり、理解しているようで実際には理解できていない状態といえます。

中学受験を目指す方は、週ごとのテスト、さらに実力テストや模試などの結果を合わせて成績を確認するようにしないと、本当の学力がわかりません。ただテスト自体はいずれも、時間を区切って行うものなので、受験の模擬となる事は間違いありません。模試などをたくさん受けて自分の知識を応用に活かせるようにしていく事が、受験に打ち勝つ能力を付ける手段となります。難しい問題ほど、一人で解く訓練をさせていきましょう。