個別指導も中学受験に利用しよう

地域の補習塾に行っていても、なかなか成績が伸びずにいた、お友達が中学受験のため、進学塾に通うようになったので一緒に行かせたけれど、まったく成績が上がっていく様子がない、こうしたお子さんが多いです。自宅で勉強させていると、問題なく解くことができる問題も、塾の週間テストになると同じ問題なのに×になっている、こうした場合、お子さんの性格と、塾があっていない可能性が高いです。

気持ちが優しくおとなしい性格のお子さんは、集団指導型塾が不向きといわれています。講師に質問があってもなかなか質問することができず、わからないことがあるのにそのまま講師に聞くこともできず塾の時間を終わってしまう、こういう状態ではどんどん理解できないようになってしまいます。

進学塾に通いながら個別指導塾に通うお子さんもいますし、進学塾内の個別指導システムを利用するお子さんもいます。受験は集団で行われるため、集団に慣れておくことが必要ですが、緊張して勉強できないという状態になっているようなら、お子さんのためにも塾を変えるということも検討が必要かもしれません。

個別指導塾は講師1人に生徒に1人、もしくは数名なので、消極的な性格のお子さんも気後れすることなく授業を受ける事ができるでしょう。