やる気あるお子さんには集団型指導

塾にもいろいろな塾があり、集団指導型塾、個別指導型塾、そのほかに補習塾もありますし、家庭教師なども利用されているご家庭があるでしょう。その中で集団指導型塾は、いわゆる学校形式の授業を行う塾と考えればいいでしょう。30人や40人という大人数を講師1人で対応します。入塾の際には、入塾テストが行われこの結果でクラス分けが行われます。

学力によってクラスが分けられるため、レベルに合った指導が受けられますが、集団型の指導となるので、わからないことがあった時や質問したい時などに積極的に手をあげるなどできないとわからないことがそのままになります。積極性があり、物おじしない、ライバルが多い方が燃える、競争心が高いというお子さんに向いている塾です。

ある程度の学力がないとついていくのが大変ですし、小学校5年生以降は塾の学習スピードがぐんと上がっていくので、塾のための塾に行くようなお子さんも出てきます。無理して大手進学塾に行くよりもお子さんの学力に合った塾に行くことが重要で、保護者はお子さんの様子をしっかり確認しながら塾の選択、変更なども考えていく必要があります。

ただ大手進学塾は受験情報を得やすいという利点があるので、ダブルスクールを利用し、進学塾ともうまく付き合っているというご家庭も多いです。