中学受験に塾は必要?

中学受験を目指すお子さんが当然のように通う塾ですが、常に保護者が疑問に感じるのが、この塾に通うことが当然という風潮です。本当に塾に行くことが必要なのか、塾に行かなくても何かやり方があるのではと考える保護者もいるのです。

では塾に通わなくてもどのような勉強が必要なのかを考えてみると、当然、中学受験実施校が出題する難解な問題を解ける様にするということが目的となるはずです。では中学受験を目指すお子さんを持つ親御さんは、中学受験実施校の難しい問題を、現代の小学生が習っていた指導の中での解き方を伝授できるのか、そこが問題となります。

中学受験実施校の算数の問題一つとっても、中学の方程式で解くことができるのなら、即解けるかもしれない、でも方程式を利用せず、小学生が小学校で習った方法で解くことが必要となるとなかなか解けない、当たり前です。親御さんはすでに方程式をしてしまっているし、その上の学習もしてしまっているのです。

想像力豊かに問題をしっかり解く力、これをつけるためには、塾に行くことが一番の近道というのは納得です。ただ最近はネット学習など授業型の通信教育的なサービスも展開されていますので、こういった教材を利用してもいいかもしれません。