知っていそうで知らない塾の事

中学受験で非常に重要とされるのが塾の選択です。中学受験というと大手神学重苦がいいとされますが、本当にお子さんにあった塾を選択するためには、まず大手進学塾が一番いいという概念を捨てましょう。そこから、お子さんの性格や学力に合わせた塾の選択を行っていきます。

すでに塾に通っている人の話を聞くと、この塾は本当にいい塾よという人がいる半面、あの塾に行ってもまったく成績が伸びなかったわよと違う意見を聞くようなことがあります。でもこれは当然のことなのです。例えば集団塾に行く場合、性格が積極的なお子さんは質問などをばんばんして競争することも好きなので、成績がぐいぐい伸びていくかもしれません。

逆に性格が大人しく質問などできないお子さんが集団塾に行っても、成績を落とす可能性があるでしょう。志望校がどこなのかということも塾の選択に大きくかかわってきますし、その塾の合格実績がいいからと言って、お子さんも絶対に受かるということはないのです。

こうして考えてみるとどの塾がいいかということに答えがないように感じます。実はないのです。お子さんがこの塾にあうかな?というところに通い、成績がアップし、受験に合格して初めて、この塾が正解といえるのではないでしょうか。