最初は何となくでいい志望校設定

中学受験を目指すご家庭の中には最初から志望校を決定しているご家庭があります。ただほとんどのご家庭では志望校が決まっておらず小学校高学年になってから志望校を設定し、そこに向かって受験勉強を進めていくことになります。

志望校の設定はもちろん早ければ早いほど様々な準備が可能となるので安心なのですが、基本的に小学校の6年生、秋くらいまでに決めればいいことです。そこまでは漠然と、この学校に行きたい、こっちの学校もいいなと数校、志望校が上がっていていいのです。

志望校の設定は子供にとって、親がすすめるから、親戚が通っているから、近くの先輩が通っているから、といった理由で充分です。高校や大学進学の時とは違い、その先に就職が控えているとか、大学進学に有利になるようになど、将来を決定づけるところに到達していない状態の受験だからです。

中学受験を志すご家庭では、なるべく早く志望校を決定し、志望校の出題傾向をつかみ受験勉強をしていくことが望ましいと考えていますが、志望校の設定は最終的に第一希望を決定すればいいことで、それまではいろいろな学校に憧れを抱けばいいし、オープンスクールなどにもどんどん行ってみる方がいいでしょう。