中学受験決定前の準備「お金のこと」

中学受験に必須なことというと塾に通うこと、と多くの保護者がいいます。確かに有名中学や超難関校と呼ばれる御三家など私立中学受験に打ち勝つためには、それなりのノウハウが必要となり、そのノウハウを習うためには、やはり進学塾が一番いいといわれています。もちろんお子さんの性格や学力に合わせて通う塾を考えることが重要です。

さて塾に行くにも費用が掛かります。塾の月謝が1科目いくらでいくらになって、それが1年として計算するとこんなにかかるの?とびっくりする保護者も多いのですが、それに加えて、夏期講習、冬期講習、勉強合宿、特別講義、さらに模試、学力テストなどが加わると費用はもっと掛かります。いいたくないのですが、小学校6年生になると100万円以上の費用が、塾だけにかかるといわれていますので、保護者はある程度覚悟が必要となるのです。

私立中学に通っている中でも、補習塾や進学塾に通い、大学受験に備えて勉強が必要ですし、部活も私立中学は遠征など全国区で動くことが多いので、入学すれば学業以外にかかる費用もどんどん増えていきます。保護者はこうした費用を学費、塾費用、そのほかの費用として理解し、しっかり用意しておくことが必要となるのです。