成績が落ちても責めない

中学受験を目指して、親も協力しながら塾に通い始めたのに、まったく成績が上がらない、これってうちの子が努力していないっていうこと?とお子さんを責める保護者も少なくありません。確かにお子さんの成績が隣のお子さんよりも低い、しかも進学塾に通っているのに・・と悩むお母さんも多いでしょう。でもこれは、子供にいうことではなく、保護者が消化しなければならない問題です。

成績が悪いのはお子さんだって悩んでいるはずです。塾に行けば同じ志望校を目指す同年代のお子さんがいます。そのお子さんがみるみる成績を上げていけば、一番焦るのは本人です。そこにお母さんが、出来が悪いとかちゃんと先生の話を聞いているの?とか、自宅学習をさぼっているんでしょう?なんて言ってしまったら、いよいよ勉強をやる気持ちを失います。

中学受験のために勉強を行っているのですが、実は中学受験というのは通過点であり、最終的にはしっかり働けて家庭を持って人生幸せに過ごすという目標があります。その過程では、中学受験があり、高校受験もあり、大学受験を越えて就職活動という厳しい道が待っています。

お子さんがちょっと躓いても、お母さんがよいしょと引き起こしてあげてください。また次頑張ればいいよ、そんなに落ち込まないの、と声をかけてあげましょう。お子さんはきっと安心し、また勉強を頑張る気持ちになれます。