中学受験よくないことも

中学受験実施校もいいことばかりではありません。やはりデメリットもあります。保護者の側から見ると、高い学費もデメリットの一つでしょう。公立中学に通っていれば、3年間で140万程度の費用ですが、私立中学では300万円くらいの費用が掛かりますので、倍異常の計算となります。これもデメリットです。

私立中学は独自の指導プログラムを組みそのカリキュラムの中で教育を進めていくため、公立中学よりもかなり学習スピードが高いです。そのため、しっかり勉強し、もれなく宿題なども行っていかないと、授業についていくことができず成績下位グループとなってしまいます。

勉強しなければということがストレスになってしまうお子さんも多いので、保護者は志望校の選択の際、あまりに学力レベルの高い学校に志望校を設定してしまうとお子さんを苦しめることになります。私立中学に入るということは、公立中学よりもずっとたくさんの勉強があり宿題も多いので、お友達と遊ぶ時間が削られるというデメリットもあります。

成績不振となれば留年させるという厳しい学校も多いので、お子さんの学力に合った中学を選ぶということが非常に大切なこととなります。学校のネームバリューだけで選ぶなどは絶対にしないようにしましょう。