中学受験の基礎

中学受験と聞いてピンとこない保護者も多いでしょう。というのも、中学受験は全国的に行われているということではなく、首都圏や関西圏などに多い受験です。これらの地域に私立中学が多く、そのため、中学受験が非常に盛んとなっているのです。

特に首都圏では、クラスの大半が中学受験を目指しているということも多く、4人に1人が受験するという確率の高い学校もあります。地域によるものですが、これほど保護者が私立中学受験などに対し興味を持ち、価値ある事と考え実際に受験させているのです。

私立中学には人気校とそうでない中学の差が激しくなっているという傾向もあります。御三家、超難関校と呼ばれる学校では受験者数が非常に多くなっていて、合格することはかなり難しいといわれています。逆に知名度の低い私立中学は定員割れを起こしている学校もあるのです。ただ学力を落としてまでも生徒を集めようという私立学校は少ないので、いずれにしても、中学受験は狭き門ということに変わりありません。

公立の中高一貫教育校は、文部科学省が設立を強化しているということもあり、公立中学を廃止しながら、中高一貫教育校を増やす取組を行っています。この先、1県に10校以上増えていくということもいわれていますので、中学受験について少し知識を持っておく方が安心でしょう。