理解しなくちゃ!中学受験

2016年度の麻布中学の合格体験記にも書かれていますが、首都圏や関西圏で非常に多くなっている中学受験は、保護者の多くが魅力を感じ、お子さんの未来に必要な学力をつけてくれると注目しています。地方に暮らしていると、中学受験実施校が近くにないということもあり、中学受験が遠いことに感じますが、実は地方に暮らすご家庭も、お子さんのことを考え、中学受験に挑戦しているご家族があるのです。それほど魅力ある中学受験とはどのようなものなのでしょう。

中学受験を大きく分けると、私立中学受験、さらに公立の一貫教育校の受験に分けることができます。私立中学も基本的に中高一貫教育で、高校までエスカレーター式で進むため、高校受験を経験せず高校生になれるという利点があります。

私立中学は学力テストによる選抜方式、公立中高一貫教育校は適正検査という試験を行い、学校側が提示するレベルに合ったお子さんが選抜されます。通常、国語、算数、理科、社会の四科目受験で、二科目受験もありますがその場合、内容が非常に濃く難解なものとなるため、多くは四科目受験を選択されています。

公立の中高一貫教育校では四科目のテストではなく、各科目が混ざった総合問題が出題され、作文などの特殊なテストも存在しています。いずれにしてもどの学校もかなり難しい問題が出題される傾向にあり、特に難関中学と呼ばれる学校ではびっくりするくらいの難しい問題が出題されたり、どういう風に解けばいいのかかなり抽象的な問題も多くなっています。

一般的に塾に通うことが必要といわれるこうした中学受験実施校を受験するに当たり、何もかもが初めてで不安だらけという保護者もいらっしゃるでしょう。当サイトは中学受験初心者の方にわかりやすく中学受験を知ってもらうサイトです。中学受験にむけて知識を得るサイトとして利用していただけたら幸いです。